南平岸駅前歯科

Page Top

歯周病治療

静かなる病気のアピールを見逃さないこと

歯周病は、歯周病菌による細菌感染症です。歯周病菌を歯周ポケット(歯と歯ぐきの間)に溜まったままにしておくと、歯周病菌の毒素により歯を支える歯槽骨が破壊されます。この病気が進行すると歯がぐらぐらして抜けてしまうこともあり、歯を失う大きな原因となります。

歯周病は「静かなる病気」と呼ばれ、普段は痛みなど自覚症状がほとんどないため、気づかないうちにひどくなているケースが多くあります。歯周病が進行すると、口以外にも様々な病気や症状を引き起こす可能性が出てきます。糖尿病、心臓血管疾患、誤嚥性肺炎、動脈硬化、早産・低体重児など、歯周病だけが原因とは言えませんが、重大な病気の原因となりうることを知らない方が多いのが現実です。

歯周病治療は、歯周ポケット内の細菌(プラーク)の除去を行うことです。歯科衛生士が専用の器具を使い行います。重症の場合はオペをすることもあります。

歯周病治療においても大切なのは、第一に診査・診断。細菌感染が何処にあるのか? 歯1本ずつ診断し、適切な治療を行います。そして、歯周病治療後は再発を防ぐために定期的なメンテナンスが大切です。